【西野翔】冒頭の – 今日は孕むまでナカに出して… 西野翔

今日は孕むまでナカに出して… 西野翔

「今日は孕むまでナカに出して… 西野翔」の本編動画はこちらから

女優名: 西野翔

翔たろー 90分10本勝負!

西野翔さんの設定は45~50歳くらい『叔母の誘惑』か『息子の同級生のマセガキどもに拘束されて犯●れて』の延長線上。

AV界の石田ゆり子さんをめざしているのだろうか? 嗚呼、掟破り一条綺美香さんの領域荒らし!翔ちゃんはどう見てもアラサー美少女なのは愛嬌 義理の息子の方がオッサン(笑)同時に『義父~裕美の昼下がり~』のパロディorアンチテーゼ、『義父』は醜悪なクソジジイが陰の主役みたいに鬱陶しいが本作は義理の息子が控え目だから好感が持てる(一人称キャメラの視点なのもGood!)家庭内略奪愛 知らぬは実の娘だけ 貧乳の娘があまりにも魅力薄すぎだから説得力がある。

ジャンルは不完全着衣物で全裸は一切なしだが翔たろーの一挙一動がコメディ演技で確実に90cmを超えた白い巨尻をふんだんに見せるサービス精神は相変わらず見出しの如く30分過ぎから始まる三日間はまるで男女混合プロレスの流れ 勿論 インランビッチ翔たろーの10勝(笑)

頂けない。

最近、新人の美熟女が奮闘しているのに、昔からの美熟女がコルでは駄目だ。

アップで肌の衰えも感じるし、いかんせん着衣のセンスなし。

監督が悪いかも知れない。

やっと★3

暴走義母さんっ!

欲求不満の翔母さんは…我慢できずに婿養子のチ○ポを犯しまくる..,股間にシミをつけて裏スジを舐め上げイヤらしい音をたててジュルジュルフェラ…あんな口責めされたらどんな男も秒殺でしょうなっ!…ノーブラエプロン姿も出来ればノーブラノーパンのエプロン姿でテーブルの上でM字になってオマ○コ全開でしっかり婿養子にクンニをさせてからチ○ポ責めして欲しかったなぁー…でもカリを舌先で刺激したりタマも竿もしっかり舐め回してからの高速ピストンフェラはなかなか見事な責めですなっ..,しっかりザーメンを舌で受けてる翔母さんの表情もいいねっ♪…そして最後は下から後ろから激突きされての連続中出し…翔母さんのオマ○コから大量にザーメンが垂れ流れる姿はエロかったっすっ♪..,まぁーあんだけ発射可能なら1発位は翔母さんの顔に発射して方が個人的には興奮したかも?

翔ちゃんの痴女ぶりが圧巻。

理性のぶっ飛んだ痴女役を翔ちゃんが圧巻のパフォーマンスで演じていて魅了される。

娘夫婦の夜の営みを覗き見て、婿養子の絶倫ぶりに衝撃を受け、中だしヤりマン中毒だった昔を思い出し婿養子を誘惑し、お互いケダモノのようにハメ狂って淫欲中だし性活がエスカレートしていく。

ヌルヌル暴発尻コキと裸エプロンのフェラ以外は後8発は全て中だしだ。

そしてその全てで何らかの着衣セックス。

着衣セックスファンには堪らないだろう。

私は全裸セックスファンだが、これはこれで有りかも知れない。

このシリーズはそれが売りなのかも知れない。

特に裸エプロン姿でテーブルの下でフェラする翔ちゃんの姿はエロ過ぎて、それだけで抜けそうだ。

喘ぎ悶えのたうちまくる女体は艶かしい。

そして発せられる絶叫と言っても良いだろう淫語の数々。

翔ちゃんの面目躍如。

痴女物の傑作。

翔ちゃんのフェロモン満開

やっぱり翔ちゃんはエロすぎる!溜池ゴロー氏が制作に関わっているだけあって、裸エプロンで家事しながら婿養子を誘惑するシーンがとても良かった。

アラサーの魅力に溢れてます

オフセールで購入。

色気、妖艶さ、フェロモン。

若い子には出せないアラサーの魅力に溢れてます。

天秤にかけても嫁より義母だなぁ。

鬼気迫る妖艶さにクラクラ

この11月は痴女ヘブンと溜池ゴローが、看板クラスの専属女優を交換する形で新作をリリースした。

極めて珍しいパターンのメーカーコラボといえる。

これまで西野翔さんは様々なメーカーと専属契約を交わしてきたが、今回はその中の一つである溜池ゴロ―で新しめのシリーズ『孕むまで…』を撮ることになったようだ。

ここでは娘の旦那を誘惑する母親を演じていて、シナリオはサンプル映像を見れば大体の想像がつく通り、義理の息子と愛欲の深みに堕ちるというものである。

このメーカーに限った事ではないが、最近は熟女ドラマ作品にもハードな内容が多く盛り込まれる傾向が強く、本作もその例外ではない。

すべての濡れ場では女優が最初から寝取りモードに入っていて、なかなかふっ切れた演技を見せつけてくれる。

ユーザーが設定や演出の細部をあまり気にしなくともそれなりに楽しめる仕様である。

流れをもう少し書いておこう。

親子3人平和に暮らす日々のある夜、娘夫婦の寝室から喘ぎ声が聞こえてくる。

そわそわして扉の影から覗く翔ちゃん、左膝が一瞬大写しになって今なお痛々しいが、2人の営みを見て自慰に耽ってしまう。

ベッドサイドからそれほど離れていないのは違和感もあるが、娘役のいろはめるさんの絡む様子がわかるのはメリットかもしれない。

翌朝、フラッシュバックでこの回想シーンが流れる中、義母は寝室のゴミ箱に残されたゴムを嗅ぎ、急速に女の本性を目覚めさせていく。

ヨガの練習を手伝う息子を誘惑していく一連の光景は、獲物を捕らえた女豹のようにも見えて非常に刺激的だ。

その後の入浴シーンで行うローションプレイ、妖しい表情に富んだキッチンでのやり取りとラストのやや倒錯趣味のベッドシーンのいずれにもこの女優ならではの妖艶さが存分にあらわれている。

数多くの映画とVシネマへの出演歴は言うまでもないが、絡み以外の部分を見ても芝居の巧さには驚かされる。

結末のナレーションで落ちがついているのも好印象で、見どころの多い優れた作品になった。

冒頭の

西野翔・・・やっぱエロいです!冒頭の誘惑Hの騎乗位の際の中出し誘惑へ導く言葉攻めが、もうたまりません!あれは、もう理性崩壊!爆発しちゃいます。

最後の赤の全身網タイツとかもエロ過ぎます。

「今日は孕むまでナカに出して… 西野翔」の本編動画はこちらから