【吉沢明歩】最初で最後の鑑賞…飾り気のないHが見られればいい – ギリモザ 交わる体液、濃密セックス 吉沢明歩

ギリモザ 交わる体液、濃密セックス 吉沢明歩

「ギリモザ 交わる体液、濃密セックス 吉沢明歩」の本編動画はこちらから

女優名: 吉沢明歩

目で訴えてる

淫語に少し飽き見てみた。

とてもいい。

見つめ合い、キスをして、抱き合い、絡み合う、服の上からこすり合わせる。

チンポが入るまで見つめ入ったら切なそうにするあの顔。

ヘラヘラしたり顔は絶対合わせないセックスなんかとは程遠い極上の静かで熱いセックスが見られる。

スタイルもよくたるみなし。

服も私服っぽいおしゃれな感じ。

難点は見た後に強烈に人寂しくなる事だ。

淫語はない。

大好きなのに・・・

ストーリーと流れと、すべてが完璧なんですが永遠の敵、「モザイク」が超邪魔。

モザイクだけで、こんな面白くないんだなって思った。

いい作品

基本的に全てのプレーで綺麗だし妖絶。

リアルなHという感じでいい作品。

もう少し、絡む二人の間で自然な会話があるとさらにリアル感がますのでは。

プレーは三人目が一番、趣味だった一人目 男優が緊張しているのかF時にMAXになっていない二人目 男優の髭が気持ち悪いテーマの濃密セックスに合わせてHをしているのが分かるがもう少し自然体に攻めた方がよりリアル感がでるのでは。

絡みの最後の方では自然体に攻めれている。

三人目 下着がかわいい。

フェラが一番、いやらしく出来ていると思う。

四人目 女優から攻めれていて抜きやすいのでは。

くそー!!

俺の大好きな吉沢明歩のおっぱいを揉みやがってと腹が立ちながらも興奮する一枚です。

本当に濃い内容。

カラミシーンが豊富。

へたな性器結合シーンも少なく、アッキーのからみを十分堪能できた。

今回は、タイトル通りセックスがベース。

コスチュームより全裸の熱いカラミがみられて大満足。

吉沢明歩 スゴイ

今まで色々なAVを見て女優さんの体や演技やその作品の趣向などを楽しんできましたが、本作品を見て吉沢明歩の凄さと演技を超える艶技に満たされ、感動しました。

特に最後のカラミのあと、男優の腰を抱え込んで彼の仕事に対する労いと返礼を込めた絞り尽くすようなフェラと余韻、カメラへ視線を移してからの「こちら」への妖艶な微笑みにノックアウトされました。

 吉沢明歩はスゴイ。

技術は進歩してますが・・・。

フェラテクといい、腰使いといい基本技術の進歩は認められますが、何せ内容に変化が無い。

ギリモザシリーズより、初期のマキシングの方がモザイクは小さく、薄めで良かった。

アングルがよければ

汗だくでからむ明歩嬢。

おもちゃなど道具は一切無し。

このシリーズの良さは、サオ師である男優の力量と女優がどれだけからみに集中できるかにある。

このシリーズは小川あさ美嬢しか見たことがないが今回も良作。

一つ問題があるとすれば、カメラアングルによって明歩嬢の顔がよく見えない絵があるということ。

次回は、いよいよ二村監督の作品。

これはガチではないでしょう。

今や芸能人と言っても構わないほどご活躍のアッキーです。

テレビ番組やVシネ出演の成果で、沢山のアダルトファンを見事に騙せるだけの演技力を身につけましたね。

ベテランほど「ガチ」を演技に切り替える狡さを身につけます。

クリ舐めクリ擦りなど、素が出る要素はNGで回避して演技で誤魔化しますが、デビュー頃の素の反応を知っていればどれが演技でどれがガチかは見透かせるもの。

前戯がガチでないので、その後の挿入での反応も理性的にコントロールしているのがわかります。

見える演技には磨きがかかっていますが、本気で感じる表情が見られないという点では嘘が見え見えな作品です。

やはり抜けます

次々とプチ芸能人などがAVに進出する中,吉沢明歩の人気は衰えない。

それは,彼女のAV女優としての実力があるからです。

可愛いお顔,肉体の素晴らしさとともに,セックステクや演技力があるのが,これまでの彼女がAV女優として成功した理由なんでしょうね。

この作品では,フェラからファックまで本気度全開で,生汗を噴き出し,セックスに集中しています。

凄いフェラです,凄い騎乗位ファックです。

やはり抜けます,吉沢明歩!!!

シンプルなセックス描写だけにこだわった良作

セックスするアッキーは美しい。

そのことだけに焦点を合わせた作品である。

ストーリー性を排除し、淫蕩なセックスシーンだけをじっくりと描いている。

アッキーは汗を流し、乱れ、うわ言を口にする。

エロい。

そして美しい。

自分もこういうセックスがしたいと素直に思う。

素晴らしい作品だと思う。

だが、物足りなくもある。

意外性がなく、ともするとBGVのように流れてしまう。

アンドリュー・ブレイクのポルノ映画のようだ、とまでは言わないがいささか流麗に過ぎる。

淫蕩ではあるが、猥褻ではない。

美麗であるが、背徳的でない。

アッキーのビジュアルにこの作品の狙いは合っているが、アッキーの魅力を存分に引き出しているとは言えない。

部屋のTVに常時流しておくのには良いが、アッキーの魅力を堪能するのには少しだけ物足りない。

このころもいいね

1.濃厚なカラミ大量顔シャがいい2.むしゃぶりつくようなフェラ。

騎乗位で激しく絡み顔射3.乳首舐めフェラ顔射4.ベロちゅうしまくりで騎乗位で激しく絡み口内発射このころのあっきーぽっちゃりしていてかわいい。

SEXオンリーで無駄なシーンがないのがいい

さすが明歩嬢

四本番とも完璧にこなしています。

いつみても容姿は完璧!!!それに加えて男優を食らうような激しいSEX!!!特に、大島固めを美しく見せる女優としてNO.1じゃないかなぁ。

普通らしさがいい

奇をてらった演出もなく、現実離れした映像もない。

それがより現実的で興奮させられます。

いわゆる実際に彼女としているセックスです。

 ただ作品としては全部同じように見えてしまうところが残念な点で、カラミのシーンを一本減らして、ホテルに入るまでとか、イチャイチャするシーンを入れたりすると効果的なのかもしれません。

あとは男優の過剰にブチャブチャ吸い付く音。

これが現実離れして、耳について煩わしいです。

これはいい!

従来のAV的な演出がないのは良いですね。

観ていてダルさがありません。

(逆に、その演出や効果のないことがダルい人もいるかと)ストーリーもなく、基本、ふつうのセックスばかりですが、観ていて安心できます。

個人的には、バックが多いので、とてもうれしいですね。

明歩さんのカラダに浮かぶ汗が良いです。

あえぎ声は、もっとおさえてくれてもいいぐらいです。

全体的な自然さが非常に良かったです。

期待通り

アキホ姫は裏切らない。

魅せますねー。

こんなに濃いプレイがみれるとは思いませんでした。

素のカラミを覗き見した感じがします。

この作品に出会えて良かった。

いい女の熱いキスに満足。

実にいい女です。

その女が、これ程厚いキスをみせてくれれば、それだけで十分ではないかと思わせる程いい女です。

特に最後のチャプターでは、ネットリとして、かつ激しい、情感たっぷりのSEXをみせつけてくれますが、射精後に見せる吸い尽くすような思い入れたっぷりのフェラと、そして満足そうな笑顔は、女優さんのカラミへの熱い気持ちが伝わって、とても良いです。

抜けます

ちょっと飽きた感がありますが、安定して綺麗でしっかり抜けます。

買って損は無いと思います。

それにしても綺麗な体やね。

いつもより

いつもの吉沢明歩作品よりも◎ネッチョリめの濃厚セックス◎バックと騎乗位が多め◎たしかに本気っぽいところが買いなポイントだと思いました。

ぶっちゃけ

飽きました。

アキホさん。

25歳とかですよねー実年齢は違うだろうケドー引退とかそろそろ?

これがSEXでしょ!

わたしはこの内容好きですよ。

無駄に激しいプレイを見るよりは、このような生々しいSEXがやっぱりいい。

普通こういうSEXするでしょ。

舌を絡めあって、お互いに本能のままに求め合うプレイ、すばらしい!SEXはこうじゃなくっちゃ!!!!

女優を活かし切れてない

インタビューや余分な芝居を排して、オトコとオンナの愛し合う姿だけをひたすら撮ったことには好感が持てる。

しかし、計4回の絡みの内容がひとつを覗いてほぼ同じ流れというのはどうかと思う。

監督の力不足。

ただ激しく絡めばいいというものではない。

一回、男優を攻める絡みがあるのがせめてもの救いだった。

吉沢明歩のルックスやスタイルは申し分ない。

決して巨乳ではないのだが、形のいい乳房は自分好み。

ただ喘ぎ声が単調でやたら耳につくのが残念。

監督もせっかくの素材を充分に活かし切れておらず、やはり力不足の感が否めない。

燃えるとは…

明歩嬢の作品は以前に2,3点視聴していますが、それらの作品よりも燃え上がっていました。

瞳がギラギラしてました。

もとが可愛いのだから身体全体でエロさが増すとますますいい女になっていくような気がしました。

4つのパートがありますが、最後のパートはまとわりつく身体がエロいです。

嘗め回す舌先がエロいです。

これはいいです。

もう一超え

明歩様は美人。

欲を言えばもっと体位的に熱くなってほしかった。

でも興奮度は抜群。

交わる体液はモザイクで見えません

どのシーンにおいてもホテルでエッチしてます普通のエッチでいつもよりは乱れているそんな感じ

シンプル イズ ベスト

まさにタイトルどおり。

吉沢明歩の濃厚なセックス。

ストーリや会話やインタビューや道具やら、余計なものを一切合財そぎ落とし、男と女の濃厚なセックスにのみ焦点を当てたシンプルな作品。

しかしシンプルであるがゆえにベストなのだ~。

ホントに良い!

純粋にセックスだけを求めた秀作です

AVらしい演出は一切無し。

極上の女のセックスを堪能できます。

誰かも書いてますが「こんな女とヤってみたい!」という欲望が湧いてきます。

好きだな~この作品。

ムダに激しく突くセックスだけがエロいセックスではない・・・そう思える作品だった。

見つめ合って、正常位でゆる~く突いているシーンが、なんとも言えずにエロくて、良い。

このシリーズが続いている理由が分かる気がしました。

エロスの原点に帰った誠実な作品

この作品には3P、バイブ、潮吹きといったアソビがなく、ストーリーはおろか、会話すらない。

しかし、その分副題どおり濃密なセックスが繰り広げられる。

オトコに生まれたなら持つ、「極上ボディのオンナととろけるようなセックスがしてみたい」という素朴な夢をそのまま映像にしたような作品といえる。

技巧に走らない抑えた演出、柔らかな照明が「自然さ」を際立たせている。

今までのAVを見慣れているとこの「自然さ」が物足りないと感じるらしく、低い評価を出す人もいるようだが、エロスの原点に返った誠実な作品だと思う。

常にトップクラスの人気を保ってきた明歩がこのような作品に挑戦したことは意義深い。

今までのAVのあり方に一石を投じる作品だ。

良さが分からん!

E-BODYの【パクリ】って事は直ぐ判りますがね。

男優の鼻息が荒い点や背景に朝・昼・夜の時間差を与えているところもそっくりそのまま。

且つ男優まで【イタリアン】と【大島丈】を起用するあたりは節操が無さ過ぎると言うべきか。

【エスワン】はセルを常にリードしてきたようなイメージがあるが、どうもそれは錯覚だったようだ。

そしてこの【南★波王】監督、嵐を呼ぶの【月城まおら】の作品でも同じ事をしている。

メーカーと監督には、ちゃんとした【矜持】を持って製作活動して頂きたいものだ。

単調

明歩嬢がこのような作品に出たことにびっくりしました。

明歩嬢の乱れた髪、大量な汗がやけに色っぽかったです。

さらにパンティ-の上からクニンされるシーンでの腰の動きとそれを見つめる顔は抜けました!内容は、タイトル通り「濃密なセックス」がシティホテルの一室で繰り広げられる作品。

3P、バイブ、潮吹きなどは排除し、貪り合うキスやクンニやフェラなど男と女のエロさが上手く演出されています。

ただ最初から最後まで同じパターンなので少々飽きるかもしれません。

確かに吉沢明歩の顔も身体も美しく撮られてはいますが…

確かに吉沢明歩の顔も身体も美しく撮られてはいます。

その意味では、吉沢明歩本人とカメラの方には感謝したいところです。

ただ、欲情に駆られて、むさぼるように唇・唾液・乳房・陰部を求め合い、焦ったように時間に追われて、激しく交わるセックスを、4人の相手に同じようにやられても、そこには技もなく工夫もなく、芸を感じさせるものがありません。

わずかに、中間のイメージシーンが救いとなっていますが、いささかあそびの部分が少なくて、名作というにはほど遠いできに陥っています。

もっと明るくて、芸のある作品制作をねがいます。

最初で最後の鑑賞…飾り気のないHが見られればいい

アイドル女優の位置付けで売り出していたので、きっと内容もチャラけているだろうと思い、彼女の作品は敢えて見ないようにしていた。

今回は、ガチンコのSEXが収められているとのことだったので、初めて借りてみた。

濃厚なキスからベッドに倒れ込み、終始無言で本気のHをしている感じがした。

最後の大島とのカラミに注目。

クンニでくねらせる腰のカーブが綺麗で、イイ女であることを実感。

大島の上に乗り、入れそうでなかなか入れない…わざと焦らすのを楽しむかのような、大人のプレイ。

心の駆け引きも楽しみながら、大島フィニッシュ後は、大島のモノを決して離さず、しつこいくらいお掃除をする。

大島のほうから体を離さないと終わらないほど、止めなければ延々とフェラしているような雰囲気。

そして、すべてが終わった後は、非常に満足そうな表情で、一番綺麗な顔をして映えていた。

吉沢明歩思い出の1本として心に留めておこう。

「ギリモザ 交わる体液、濃密セックス 吉沢明歩」の本編動画はこちらから