【あいかわ優衣】まだ凄みのない美しさの時期の作品 – 姉きゅん 01 あいかわ優衣

姉きゅん 01 あいかわ優衣

「姉きゅん 01 あいかわ優衣」の本編動画はこちらから

女優名: あいかわ優衣

姉演技上手い。姉弟の生活感の演出もよかった

他のメーカーからも姉もの出してるけど姉演技めっちゃ上手い。

適度にぞんざいな感じと、それでいて弟大好きさが伝わるバランスが素晴らしい。

金がなくて狭いワンルームで姉弟で同居してる感じとか、疲れて寝ちゃった姉に弟が布団かけてあげる感じとか、姉の掃除・洗濯・料理シーンを入れて生活感を演出したのもいい。

前半は根暗弟が姉にフェラやセックスをしてもらう妄想。

妄想なので当然生中出しというのは演出としてブレてない。

弟の妄想の中の姉は痴女だったりマゾ奴●だったりするんだけど、それとリアル姉のキャラをちゃんと演じ分けてるのが地味にすごい。

妄想だけでは我慢できなくなった弟に強引に襲われ、「女の子には優しくしなきゃダメ」と弟を叱りながら、弟との近親相姦を受け入れて高ぶっていく姉の演技がリアルでエロい。

初めて弟に乳首をしゃぶられるときの緊張感とか、パンツを脱がされてマ○コを視姦されたときの恥じらいとか、チ○コが先っぽ入っただけで激しく反応する感じとか、細かい演技がいちいちリアルで上手い。

難点は男優で、ほぼ主観とはいえセックスがあまり上手くない。

顔にモザイクかかってるけど脂ぎってはいないもののいかにもオッサンだし。

ゴム付きの中出しでセックスが終わるとぶった切るように作品が終わるのもマイナス。

その後の姉弟の関係性を示唆するようなエンディングであってほしかった。

満点には届かないけど、姉弟が一線を越えるリアル感がなかなかしっかり演出出来ていたいい作品だと思う。

まだ凄みのない美しさの時期の作品

あいかわ優衣作品、これで7本目です。

ちょっと調べたら22歳の頃の作品のようですね。

そのためまだ若くて美人タイプなだけで、その後の凄みのある美しさ、妖艶さはありません。

まぁ、年齢的にそれは仕方ないかな、と。

作品自体は弟くんのモーソーと現実ない混ぜで淡々と進んでいきます。

あまりに淡々と進んでいくので、大きなヤマがなくてツライと言えばツライです。

本来トシのせいで1回でも抜けたら星4つが基本なんですが、上記理由でひとつ落しました。

でもこの後、出演作品増えるごとに美しく、妖艶になって行くんですねぇ。

引退もったいない。

てか、名前変えて復帰してませんかねぇ。

「姉きゅん 01 あいかわ優衣」の本編動画はこちらから