【みづなれい(みずなれい)】最後が… – 触手貫通!ドラッグ漬け 3穴生贄FUCK みづなれい

触手貫通!ドラッグ漬け 3穴生贄FUCK みづなれい

「触手貫通!ドラッグ漬け 3穴生贄FUCK みづなれい」の本編動画はこちらから

女優名: みづなれい(みずなれい)

なんか?イマイチ

触手作品についに!「みづなれい」が来た!と期待していたんですが彼女のキャラを活かせてないのか?やはりコスプレのイメージが強いのか?ちょっと、イマイチでした。

みづなれいの演技力に救われている

アニメの触手もみづなれいも好き。

実写は数本見ただけであまり詳しくありません。

触手物というと、手足に巻きつき自由を奪う、乳首に吸い付き3穴をズボズボ、大量の体液をぶっかけ中出し、というのが基本だと思いますが、本作は両手足は自由、ピストン感の無い挿入、汁もやや不足です。

触手がア○ルから口へ抜ける、両穴から体液を噴出、といった演出もいいですが、まずは基本をしっかりですね。

触手の親玉みたいな太くてグロいのが1匹いるのですが、動きも自然だし体液もまき散らすし、これが出てくると俄然エロくなってきます。

このクオリティのをもう2,3匹出してズボズボやってくれれば…。

起承転結のあるストーリーもなかなかですし、みづなれいの容姿・演技力はアニメのキャラ・声優以上です。

あとは精巧でインテリジェントな触手が開発されんことを願うばかりです。

AV界の総力をあげて、ぜひ。

その先へ

拘束感、挿入感の不足。

毎回感じるが、それゆえに難しいのだろう。

触手は左右を二人で持って操る、常時、体に巻きつけて蠢かせる・・・・・・と言うは易し。

それだけに何人もスタッフが使えるわけもない。

ぜひ、『触手ボランティア』を募ってはどうだろうか(笑)きれいな女優と鑑賞に耐えうる触手、この現実に充実と希望を感じる者たちなら、嬉々として集い、触手を動かしてくれるはずだ。

このジャンルはワンシチュエーションになりがちなので、女優の演技力の違いがよくわかる。

今回は素晴らしかった。

一番長く見せているシーンが、一番エロティックである。

着衣、透け、ラストへのため方なども、悪くない。

ただ、やはり触手の動きである。

サブ触手はボランティア、メインスタッフが撮影とメイン触手に集中、という状態を作り、ぜひ、一段上の良作を望みたい。

一層の努力に期待したい

セットが貧弱(無いに等しい)。

前作より内容は濃くなったが、ライティング,カメラアングルなどSOD作品には遠く及ばない。

CGも使っているようだが、意図が分からない。

惜しい

題にもなっている”貫通”の要素実際貫通するシーンはサンプルにもあるシーンのワンシーンだけ他は従来の触手ものと変わらないしいて言えば、これまたサンプルにもある最後の変なのが股から出てくるシーンどちらのシーンもとても魅力的ではあったが、あまりにわずかなシーンしかない従来の太いかどこに刺すか程度の違いしかない触手ものの中で、ニッチな要素を付加したのだから、もっとその要素を全面に出していただきたかったしかしながら、触手のタイプ,モーションに限度があるAV触手もののなかで、さらにエロい作品が生まれる期待が持てる作品であった

期待外れ。

<女優>みづなれい エロくていいスタイル!<内容>3穴ズボズボだが、触手がバタバタするだけで、動きがいやらしくない。

それにラストの大量ドロドロ液でヌケない作り方では全くの期待外れ。

ご指摘レビューを良く読んでから買えば良かったと後悔。

最後が…

触手の技術とか構成とかよく分かりませんが、結構良かったと思います。

ですが、最後の最後、触手の子ども見たいのを産んだ時に、正気に戻って怖がってるシーンは悲しいです。

勝手に正気に戻って見てる側が置いてきぼり。

これで抜くもしくは抜こうとしてたこっちが馬鹿みたいに思えてくる

「触手貫通!ドラッグ漬け 3穴生贄FUCK みづなれい」の本編動画はこちらから