【水沢真樹】拷問 – 女の惨すぎる瞬間 麻薬捜査官拷問 女捜査官FILE09 水沢真樹の場合

女の惨すぎる瞬間 麻薬捜査官拷問 女捜査官FILE09 水沢真樹の場合

「女の惨すぎる瞬間 麻薬捜査官拷問 女捜査官FILE09 水沢真樹の場合」の本編動画はこちらから

女優名: 水沢真樹

非道な凌●

麻薬捜査官に扮した水沢真樹。

例によって,ベイビー軍団の非道な凌●を受けます。

全身電マ攻め。

緊縛拘束オ○ンコ攻め。

額に汗し,耐える真樹。

スレンダーなオイルボディーが興奮させ,電動ドリルバイブでのオ○ンコ掻き回しでは,泡を吹く本気のイキっぷりを見せます。

とにかく,肉体的に超ハードなベイビーの作品。

出演するAV女優は,かなりの覚悟でプレイに挑んでいる事でしょう。

まあ,電動ドリルでも加減が出来るハンディードリルなので・・・,少しは演技が出来る?四つん這いで,完全にボディーを固定され,固定したマシーンによる3穴同時攻めに耐える最強のAV女優が見たい。

ベービーとの相性が悪いのかな

シネMの作品では輝いていたのに、同じような展開のこちらではどうして色っぽくないのでしょう? 何か違うのでしょうね。

スタイルがいいね

スタイルのいいきれいな女優です やられっぷりもいいしちゃんと抵抗してます

水沢真樹を見直した作品傑作です。

自分は、あまりこの女優は好きなタイプじゃなかったけど、この作品を見て水沢真樹という女優を見直したよ。

最後の寸劇や口から泡を吹くシーンは過剰演出だと思うけど、それ以外は本当に良かった。

皆さんは第1、2、11作を傑作評価してる人が多いけど自分は本作も加えたい。

彼女は強気な捜査官がクスリ漬けにされ快楽責めによって徐々に淫らな女に堕ちていく様を見事に演じている。

何よりも彼女の快楽に歪む表情、喘ぎ声、バストは豊満では無いけど下半身が素晴らしく、中盤の媚薬オイル責めでのた打ち回る彼女の下半身がうねる蛇のようでリアリティがあり見応えがあった。

下半身美人という言葉は彼女の為にあると言っても過言では無い。

「やられちゃったの」感満載の傑作【泡吹き、痙攣】

水沢さんは顔は中山エミリ似できれい、ただ、スタイルが微妙で、冒頭の演技も決まっているわけではなく、買ってしまってから、「大丈夫か?」とおもったのですが実際には大正解でした責めに入ってからの彼女の落ちていく演技、強気よりも恐怖が先立つ雰囲気のかもし出し方、そして感じて体を震わす様子。

 責めが本格化してから顔面が「野獣化」してしまう女優さんのおおい「Baby」の作品の中で、きれいな顔のまま本気で感じまくる水沢さん。

「美人が、犯●れてしまっているという妖艶さ、被虐感は導入部の芝居をかばい、それだけで、「とらわれの捜査官」のストーリーをつむぎだしてしまうほどです。

本気に感じていることを示すのがリアルな「泡吹き」器具攻めのときと、セックスのあいだ2回ありました。

本当に「責められる」すがたがすばらしい水沢さん。

ベイビーでも再度登場させてほしいですね。

拷問

水沢真樹さんひさしぶりにみましたが、緊迫されて容赦なくまんこ攻めまくられてます。

それははんぱでなく徹底的に責められるのでおまんこ大丈夫か心配になりました

「女の惨すぎる瞬間 麻薬捜査官拷問 女捜査官FILE09 水沢真樹の場合」の本編動画はこちらから