【立花さや】嫁の清美を熱演した立花さや嬢と、阿川監督や関係者に賛辞を贈る! – 若妻、凌●の日々。望まない絶頂が悔しくて… 立花さや

若妻、凌●の日々。望まない絶頂が悔しくて… 立花さや

「若妻、凌●の日々。望まない絶頂が悔しくて… 立花さや」の本編動画はこちらから

女優名: 立花さや

期待した分、落胆も・・・

あまりに「普通」だったもので。

最後に夫の前なのに義父に懇願するシーンなどで変化はみせているものの、全体的に単調。

女優さんもかわいいんだけど、なんか「普通」だったなぁ。

非常に可愛い若妻

まず「非常に可愛い」。

ティーパワーズのニ◯生の放送を見て購入を決めたが、ショートカット実に似合い、SEX中の切なそうな表情も実に良い。

ラストの夫に見られながらの禁断SEXでバックで突かれながら感じまくるシーンは脳裏に焼き付く程である。

以前、アキノリ作で寝取られモノに出ていた際は悪女役として登場、好演していた。

可愛いのでJKから人妻まで幅広くこなせ、演技力も高いため今後の活躍に一層期待したい。

べちゃべちゃ~

綺麗な体でお尻もデキモノとか無くて美しいです。

少しだけポッチャリな体型でおっぱいは、お椀型で乳輪も乳首も大きくなくて好みです。

激しいレ●プシーンはありませんが、挿入前にチン〇でアソコをパンパンするだけで噴いてしまう潮が興奮します。

指マンもガンガンやらなくても触れるだけで噴いちゃってます。

カットが多いのがマイナス点ですが、モザイクもがんばってますしアタッカーズらしい作品ですね。

購入してもガッカリはしない作品だと思います。

すばらしいシチュエーションと演技のコラボ

嫌がっているところからだんだんと体が反応してしまう感じそしてむしろそれで無いとダメという段階を経たシチュエーションが最高ラストに旦那バレからのこれ見よがしに中出しとかも良かったんじゃないかなと思うでもこれは作る側、出る側ともに有能だという証

興奮するのは体じゃなくて脳なんです

かつての恩師でもある義父に犯●れるという異常な状況に異様な興奮を感じる禁断の味を知ってしまった若妻。

心では拒みながらも義父に犯●れると思っただけで失禁するほどの異常なたかぶりから逃げることはできず堕ちていく。

女優の演技が過剰にも思えるが、この異常な興奮というのがポイントなのでさじ加減としては許容範囲。

夫とも夜の営みがあるにも関わらず、夫とのノーマルなセックスでは何も感じられなくなってしまうシーンは、結局「感じる」のは身体より脳だという点が強調されてると言っていい。

夫とセックスレスではないのだから、クライマックスでの「私はセックスが好きなの」という言葉は的外れでいまいち効果的ではない。

いつも締めが甘い監督だが今回も微妙に外してしまった印象で星1つ減点。

まあ、見ず知らずの侵入者にヤラレるのよりは、まだマシかぁ?

作りは「夫の…」なんかと、同じですね。

アタッカーズの「秘伝のタレ」みたいなものか。

  (^_^.)旦那との生殖行為がちょっとだけだけど描写されていて―「夫の…」なんかではcutされているので、丁寧ですね。

旦那がヘタレ、あるいは嫁のお股がゆるい,義父が変態(or色情狂)だと、こういう悲劇?が起こるのか。

しかし義父の爺さんよ、中出しはいかんだろ! ま、ヤっちゃうのがまずいかんのだけど…。

はなはだ遺憾です。

  (^_^)vま、親子丼で嫁とヤっていくしか、ないのでは。

親子3Pしたりして…。

色情狂親爺の男優、幸野賀一っていうのか。

エンディングはあれでいい?

尊敬していた義父から、ふとしたきっかけから犯●れるが、その後セックスの喜びを知らされ、心は拒んでも体が求めて義父に溺れてしまう若妻を立花さやがうまく演じた。

特に前半の泣きながらの拒絶が効いていて、これが義父に堕ちて自らうれしそうにフェラする若妻の変わりようを際立たせる。

ただ、エンディングはあれでよかったんだろうか。

夫は出て行き、義父とのただれた生活の一端を見せればよかったように思った。

嫁の清美を熱演した立花さや嬢と、阿川監督や関係者に賛辞を贈る!

めくれてしまったピラピラスカートから清純なパンティーが覗く!理性で抑えていたものが爆発し、嫁のからだを貪り襲う…初めは浴室で外出し!序でベッドで中出し!息子のいるDKで隠れて嫁の股を悪戯する…一方の清美は、義父の宗太郎がかつて担任教師であったことから凌●の最中「お義父さんもう止めて下さい!…先生やめてぇ~!」と何度も哀願するが、舌使いの巧さ。

焦らしテクニック!拘束されてマングリ返しと、夫には無い手管で弄られた事で拒絶から官能の喘ぎに変化し、失禁しながら凌駕されてしまう…夫との思い出を抱いて家を出ようとしたが…仏間に戻された彼女は義父の手堕ち、交尾に酔いしれ、夫を拒絶!最終で、清美は丸出しのオマ◎コをカメラにぶつけるくらい肉薄し“疼くの…お願いここ舐めて~”と、哀願するのは視聴者を夫に見立てた演出で視聴者の高揚を誘う素晴らしい工夫です

「若妻、凌●の日々。望まない絶頂が悔しくて… 立花さや」の本編動画はこちらから