【蓮実クレア, ひなた澪】女が女をネットリ – 女が女を襲う!女監督ハルナのレズ痴●バス case.05 蓮実クレア ひなた澪

女が女を襲う!女監督ハルナのレズ痴●バス case.05 蓮実クレア ひなた澪

「女が女を襲う!女監督ハルナのレズ痴●バス case.05 蓮実クレア ひなた澪」の本編動画はこちらから

女優名: 蓮実クレア, ひなた澪

服のセンスサイコー

毎回女優のレベルが高いのと服のセンスがいいので買ってしまうが被害者が最後堕ちる演出が欲しいレズ調教ものはハードでなおかつ被害者が加害者に調教されて奴●となって堕ちる演出があるとすごくいいと思うのだがその演出がなかったので☆一つ減らしました

ちょっと暴走し過ぎかな

今回の痴●役は、蓮実クレア・ひなた澪2人もレズテク抜群で、痴女責めも経験豊富なので、設定としては悪くないんだが・・・今回は、暴走し過ぎ・・・・2人がうるさ過ぎて、責められてる女の子が目立たない・・・まだちょろ毛のJKやマラソン女子までは、良かったが従順娘とご無沙汰オバサン親子・大量潮吹きOLあたりの後半は、ある意味凄いことになっています。

責めっぷりの激しさが特徴なのでしょうがないと思うが・・・もうちょい控えめでお願いしたいところ

期待外れ

このシリーズの行為後にバスから恥ずかしい格好で叩き出すシーンが好きでした。

そこがハルナ監督シリーズが他の数多のレズ痴●モノと差別化できているポイントだと思っていたのですが、今回はそのシーンが少なめ。

恥ずかしい格好で降ろすのがいいのに痴●側がブラジャー着けるの手伝ったりしていて、なんじゃそら、と思いました。

あと、母親役の女優さんは可愛くなくて抜けなかったなぁ。

この人だけではなく今回はされる側のレベルが総じて低いように感じた。

個人的な感想ですが。

そういった意味で期待はずれでした。

女優同士の絡みは普通。

一般的なレズ痴●モノといったところ。

出来が酷いとかではないです。

本気度高い

責めの強さ・本気度 5舐めの尊重度    2痴女たちの責めは強く本気度も高いが、舐めが少なめ。

乳首を舐めてもすぐにクリを同時攻撃してしまう早い責めなので、丹念に乳首責めをしてから次の責めに移行してほしかった。

40代くらいの母親が身代わりになって責められるシーンが一番エロかった。

機械責めが多いところが難点だが、最後は長めの電動こけしをこれでもかというほどピストンされ、愛液をたらし、腰砕けになるまで徹底的にイカサレてしまうところが見どころ。

女が女をネットリ

シリーズ全品見てきたがやはりマンネリかな。

シチュエーションはGOODだが女優のレベルが今回ばらつき有。

「女が女を襲う!女監督ハルナのレズ痴●バス case.05 蓮実クレア ひなた澪」の本編動画はこちらから