【結城リナ】少しバランスは悪いが良作! – 首絞め 第四巻

首絞め 第四巻

「首絞め 第四巻」の本編動画はこちらから

女優名: 結城リナ

シチュエーションは良い

白衣の科学者が首絞められるという設定が良かったです。

メインの女優さんは頑張っていましたが、絞め役の演技が大根なのが残念でした。

醍醐味は二人での首絞め合いなのですが、何分片方の演技が大根で違和感がありました。

といっても全体的に絞めシーンは長いので自分なりの好みのシーンは見つかると思います。

この作品も

やらせ感がどうしても出ちゃっている。

首を絞めている、というより触っている感の延長線上な感じ。

そして泡吹きも嘘でしょう。

唾を呑み込めないほど強く絞められているから、それが泡となって口から吐き出すのであって、そこまで絞めてないわ。

ただ女優さんも首が色白できれいだったので、それを見られたのがいいかな、ってところ。

もっと強く絞めてほしかったぞ。

少しバランスは悪いが良作!

本編は純粋な首絞めもので、とても満足できました。

演技も思っていたほど大根でもなく(酷い作品では本当に酷い)気になりません。

演技で言うと、後半の男の目がいっちゃってる方が気になって萎えました(笑) ただ絞め方のバリエーションが少し少なく、前半では手を使った首絞め、後半は紐での首絞めといったように偏りがあるのはマイナスポイントです。

値段面で言うと、「5400でこれだけ?」感はあります。

全般的にソフトリョナ感があるので、ハードな首絞めものを期待するとガッカリするかもしれません。

サンプル映像通りの雰囲気なので、サンプルを気に入ったなら気にいるのではないかとおもいます。

「首絞め 第四巻」の本編動画はこちらから