【麻宮玲】口とは裏腹に鍛えたボデイはいろんな責めに耐えられそう頑張れ! – PANIC HOGTIED 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲

PANIC HOGTIED 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲

「PANIC HOGTIED 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲」の本編動画はこちらから

女優名: 麻宮玲

緊縛を加えた快楽責め

女教師が、生徒のいじめを指摘したことから親に呼ばれ、詰問されるうちに監禁、拘束され、さまざまな快楽責めを受けるという図式だが、女教師役の女はまあまあ美人だし、体がきれい、なにより柔軟で、さまざまな体位で緊縛や拘束を受けるのだが、その様が非常に美しくエロチックだ。

ただ、女教師が次々に繰り出される責めに大きく反応し、イクイク・・・を連発するのは感心できない。

もちろん、180度に開脚されたり、まんぐり返しなどの過激なスタイルで身動きできない形に緊縛された上で、大きなバイブやローター、電動ドリルなどを執拗にぶち込まれるのだから、仕方ないかも知れないが。

とにかく、視覚的には一定の評価はできるが、女教師はもっと教師らしく尊厳ある態度で嬲られてほしかった・・・というのがマイナス点。

口とは裏腹に鍛えたボデイはいろんな責めに耐えられそう頑張れ!

ルックスに清楚・知的感があり、設定(教師役)はよい。

台詞回しは上達の余地はあるが、気の強い演技はなかなか(地?)。

過去作より類推すると、クラシックバレーで鍛えたスタイル・柔軟性らしい。

縄化粧的緊縛ではなく、柔軟性を生かした拘束・縛りに徹しています。

ヨガリというより、わめきちらし&咆哮でややうるさいので、ボリュームにはご注意を。

結構な桃尻でアナルはおいしそうですが、今回は残念ながらおあずけです。

「PANIC HOGTIED 狂淫軟体縄地獄 Part.1 麻宮玲」の本編動画はこちらから