【宇垣ちさと】濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと – 濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと

濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと

「濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと」の本編動画はこちらから

女優名: 宇垣ちさと

モザイクが大きくてタイトルほどの内容もない

宇垣ちさとは全作品見ているがこれは内容に見所がなく最低の仕上がり、着衣セックスに関してはいつも低評価であるが、全裸シーンがあるからといって内容がお粗末では全く興奮しない、やたらとキスシーンが多いだけだ、モザイクも入れ方が雑で1ブロックの大きさが他メーカーの倍ほどもある

意外に毛深い陰毛とアナル舐めに悩殺されます

名前の似てる女子アナがいるので、ちさとさんが本当に元女子アナだったのか真偽は不明だけど、知的で美しい顔立ちの女優さんです。

大胆に脱ぐ白い裸身は人工的な要素も見られず、手頃なサイズの美乳に発達した美尻。

そして特筆すべきは今や希少価値と言える手つかずの濃いめの陰毛。

整った顔立ちや髪質だけでは想像しきれない陰毛は、毛質も繁茂する量も生え方も十人十色で顔に次ぐ個性そのものです。

毛深かったり、外陰部まで生えるがままの陰部は恥ずかしくて処理する女優が多数派だろうけど、ありのままにこそ女体のエロティシズムの神髄があるのです。

手つかずの女陰を見せてくれるちさとさんの勇気と覚悟を称賛します。

この作品では、次々と登場する男どもと濃密なセックスを繰り広げ、汗と体液を飛び散らせながら肉欲の限りを魅せつけてくれます。

終盤には濃厚なフェラから陰嚢裏、そして両脚を持ち上げて尻穴まで舐め倒してくれるという…知的で綺麗な顔立ちからは想像もできない究極の破廉恥行為に身を乗り出して凝視する私の肛門も疼きまくりです。

美女であればあるほどギャップの大きい想像を絶する恥態に興奮のボルテージが跳ね上がります。

残念。モザイクがもう濃くなっている。

2016年12月発売作。

もうモザイクが濃い。

2016年内から濃い目モザイクの波はこの世界に押し寄せていたのだな。

変わり目辺りだろう。

顔が可愛らしいですね!

ソファでのSEXや駅弁ファックなど興奮するシチュエーションな体位が多く収録されています。

お尻が大きく綺麗過ぎないのが好感度up!この顔で玉やアナルを躊躇なく舐めるんだから最高です。

抜き所はソファでの対面座位とアナル舐めかな!!

濃厚3本番

3本番どれも濃厚でいいカラミだったけど最後の花岡じったとのカラミはチョー濃厚で凄くいいエッチだったそれとお掃除フェ○も濃厚でよかった。

光明が見えてきた第5弾

待ちに待った新作。

パッケージをみて期待が膨らみました。

内容に関しては某メーカーの交わる○○シリーズと同じで、男優も代わり映えせずそこまで新鮮味は無かったですが、ちさとさんの過去2作品では着衣のみで全裸のセックスシーンがなく、フラストレーションがMAXになったので、今回はストレスなく楽しめました。

ファンにはお薦めの作品です。

ただ、今回はちさとさんのセリフが少なかったのがちょっと残念でした。

次回はまたアナウンサー設定の内容、全裸シーンがあるみたいなので期待しています。

新作は発表当日に予約注文しました。

次回も楽しみにしています。

濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと

やってる事が交わる体液と変わってねえなと思ったらやっぱり監督名が紋℃だったこういう監督名を表記してないのもやり方が汚いと感じる。

違う監督だったら少し褒めてやろうかと思ったが玉木、黒田、花岡の時点で濃密セックス三上悠亜編と変わってないからねただあっちより何故かアップでのキスが多いしそんなカメラワークも変わらないどうして作品によってブレが生じるのか(カメラマンが違うのか?)安定性がない。

そういう言った意味での3点なのだがいい加減この作風なら南★波王か紋℃だな男優なら大島、花岡、吉村、沢木、黒田、森林、清水、貞松、玉木、鮫島あたりだなって言う派閥と固定観念を作らない監督に依頼して下さい後メーカーはそういうのチェックして駄目出しする事体制として何もできてないよねこの業界一体いくつ女優だけ変わって予定調和の作品を作ってるんだそれをやってるんだったら最低限監督名と男優名を表記しろって話それは見てる方に対しての選択の有無を与えるやらきゃいけない義務。

「濃厚、密着、接吻、セックス。 宇垣ちさと」の本編動画はこちらから