【松下紗栄子】中途半端かな – 淫靡なる潜入〜美しき狂乱の堕天使〜 松下紗栄子

淫靡なる潜入〜美しき狂乱の堕天使〜 松下紗栄子

「淫靡なる潜入〜美しき狂乱の堕天使〜 松下紗栄子」の本編動画はこちらから

女優名: 松下紗栄子

ん~

もうAVではないな。

バラエティとして観るしかないな。

合ってないよ。

平均評価3.64は妥当な評価だと思います

紗栄子さんのボディーラインの美しさとエロさを十分に堪能できる作品です。

絡みのときのカメラアングルは良いです。

ドレスを腰に残したままの絡みは、結合部をしっかり観たい人にとっては不満が残るでしょう。

見た目の美しさはそれでも良いのですが、評価が難しいところです。

イセドン内村さんとの絡みは、全裸で体位も豊富なので、見所十分です。

紗栄子さんは、感じると乳輪ごと乳房が勃起するタイプのようで、観ていて分かりやすい女優さんです。

捜査官ものを唱ってますが、薬を盛られても、もっと毅然とした場面を入れないと、これでは堕ちるのが早すぎて捜査官ものとしては良い評価ができません。

美人ですね

捜査官らしい姿もあるにはありますが、媚薬を塗られるとすぐに感じて堕ちてしまいます。

いくらなんでも簡単すぎるように思いました。

しかしそれは演技だったの?というような展開も待っています。

最近は媚薬モノが増えたように感じますが、普通に感じる姿と違う、薬ならではの乱れた姿、狂った姿をもっと表現してほしいです。

やっぱり、おっぱい!

キリッとした表情が素敵です、吊るされ・鉄管拘束・縄で呪縛と拘束され身をくねらせる姿がエロい、吊るされた時の、もじもじする感じがたまらなくいい、他も手マン・ローターで感じながらも逃れようとする身のよじりがサイコー、ただ咥えたり激しく突かれたりしても、オマ〇コや口もいいけどやっぱり揺れるおっぱいに目がいってしまう!!

莉奈ファン

松下紗栄子にしてはイマイチな作品と思う。

女捜査官ものはもともとあまり好きではなかったが松下紗栄子なので見てみた。

しかし完全に期待はずれだった。

最初のレ●プシーンはまずまずとしても後の3P等が全くダメ!まあ、捕まってしまってからのレ●プ~凌●いじめだから仕方ないが、どうにも面白くなかった。

皆さん、評価高すぎませんか?松下紗栄子なのでこれまでの作品からして大いに期待して見てみたが、やっぱりこれは期待はずれだった。

上品なキメセク

ベイビーエンターテイメント出身のKoolong監督作品。

コラボ作品では無いのでベイビー作品のようなハードさは無いですが、フェラやイラマ(男の快楽)よりも、女体攻めにウェイトが置かれてるあたりに雰囲気が感じられます。

ややドラマパートが多めですが、ストーリーもシーン構成も上手くまとまっていて楽しめました。

本番は2回で、醜悪なメタボオヤジ(森山龍二)の粗チンを欲しがり、よがりまくるというある意味で夢のあるキメセクと、同僚捜査官(イセドン内村)とのラブラブなキメセクという、趣向の異なる味付けが効いていて良かったです。

媚薬ですぐに快楽を受け入れるため被虐感や悲壮感は低めなのでソフトな凌●シナリオが好きな人にオススメ。

乳輪が素晴らしい

これまでの捜査官物とは一味違った展開で前半はワクワクしましたが、後半は攻めが甘く、星一つダウン。

でもこの女優は良いです!

懐かしい

調教からの奴●の流れ、その後のマゾ化、レンタルで3回借りました。

前に行ったらなくなっていてここで見つけて嬉しいです。

捜査官堕ちが好きな方はおススメだと思います。

強いていえば過程が物足りないくらいです。

綺麗になりましたね

エロくて美しい、素敵な女優さんになりましたね。

おっぴろげで弄ばれるシーンも圧巻だし、絡みも見応えがありました。

撮影が丁寧で、紗栄子さんの美しさが際立ってました。

ただ、絡みはもうワンシーンほしかったところですね。

V字拘束

V字拘束の作品ってなかなか無いんです。

世の中ではM字拘束って言葉自体が一般的な拘束の表現みたいになってしまっているから‥しかし断然V字拘束は卑猥に見える‥何故だろう‥M字よりも力が入れにくくなすがまま感が表現されるからだと個人的には感じる。

この作品では足を膝上と足首の2か所で拘束している点も評価できる。

1人ではなく3人で凌●している点も絶望感が得られてなお良い。

今後の作品でもV字拘束を期待したい。

紗栄子さんは……………

美顔、美巨乳、くびれたウエスト、豊満なヒップそして太もも美脚!パーフェクト文句なしの女優さんなのに?どのメーカーの捜査官物ってば媚薬、麻薬?という設定に頼り過ぎな感じがするんやけど今作品も媚薬を使用?他のメーカーとの違いと言えば媚薬を使用したらヒロインが調教を待たずに即堕ちするってことくらいその点が何か不自然て言うか腑に落ちないんだよね捜査官物にする必要性があるんかな?ヒロインに捜査官としての正義感や強さが微塵も感じられなかったまあ、単なるアダルト作品として視聴すれば十分な仕上がりでオカズとしては及第点かなでももう少し調教シーンやSEXシーンが充実していれば☆5つだったけど

全裸V字開脚

潜入捜査をする紗栄子だが、正体がばれて●物を投与され、性奴●となっていたぶられ、犯●れ続ける。

松下紗栄子当時25歳、美人で美巨乳、大きな乳輪がエロく、パイパンの美マン、甘く色っぽい喘ぎ声と最高レベルの素材。

女捜査官モノでよくあるのはラバースーツだが、本作はほとんど全裸でいたぶられるのがすばらしい。

前半に全裸V字開脚で拘束され、ねちねちといたぶられるのは興奮した。

ただ、クライマックスが同僚捜査官とのセックスというのが今一つ。

やはり敵にやられまくって終わりという展開の方がAV的には良いのではないか。

AVにはギャップ有りすぎ…と思っていたが…、間違いでした。

アタッカーズ:「自分よりも若くて」→「夫の目の前で」:4作迄の中では、本作が、松下紗栄子の(これ迄の所で見た)”個性に一番合っている感じ”がした。強気に出る。優しさも見せる。文句なしの躰。綺麗。宝塚風美形「云々」。大部分は、素質として完璧だ。その経歴が本当かは別にして、堅すぎて衣服もジミ臭い公務員(?)を想わせる雰囲気もあり、アラフォーくらいに見えなくもなかった。AVにはギャップが有りすぎる…とも思っていた…のだが、どうして、どうして…、むしろ、さらにソレを土台”希なる強み”としながら、作品ごとに徐々に幅を広げ、”特長あるエロ”をいろいろと見せてくれる資質を表わすかも知れないとも思い始めた。捕らえられた紗栄子嬢に「仲間」がコンタクトを取りに行く指令を受けて以降~の展開。爺の前でのOna~「仲間」とのSex(密かな連絡会話)まで(終末)、この女優さんの”可能性ある本気のエロ”を堪能できたと思った箇所だった。エロさは4作のうちで本作が一番だと思った。進化を感じた。今後が楽しみ。4作のうち、カメラ・光線の活かし方等は、なぎら監督「夫の目の前で」が断然秀逸と思う。

中途半端かな

女優さんはきれいですが、自分がきれいだと思っているのが顔に出ているのは困ったものですね。

「淫靡なる潜入〜美しき狂乱の堕天使〜 松下紗栄子」の本編動画はこちらから