【皆野あい】しつこく取引条件を言い続けるところがいい – 性処理と化した優等生 皆野あい

性処理と化した優等生 皆野あい

「性処理と化した優等生 皆野あい」の本編動画はこちらから

女優名: 皆野あい

レーティング :4- いまいち盛り上がりに欠ける

タイトルの日本語が変で、何となくケチがついてしまってます。

女優さんの素材はいいと思うのですが、男優さんの方のクオリティをもう少しあげてくれないかな、という残念さがあります。

良いです

皆野さん初めて見ましたが抜けて可愛いとは言えませんが絡みになるとなかなかの色気が出て原千草さんの様な感じかたをする女優さんと思いました。

バックでのお尻の反り具合がプリプリで抜けます。

内容的には銀次との絡みが無駄に長く、タイトルの性処理と化したの部分が短すぎたのが大変残念。

日常的に色んな男達の性処理相手になっていく部分をもっと長くすれば満点でした。

是非シリーズ化を希望します。

お父さん、お母さん、ごめんなさい!

性処理と化した…という日本語がおかしいので、期待せずに購入。

性処理〇〇と化した、ですね。

性処理玩具、性処理人形、性処理便器、性処理奴●…女の子は胸の形がよく、制服も似合っているし、髪の色も地味で優等生っぽく見えます。

最後のシーンで後ろで結んでいる髪形を最初から続けてほしかったですが。

大学の推薦をもらって両親を喜ばせたい、恥ずかしい画像を消してほしい、という弱みを握られて犯●れる、という展開もいいですね。

力ずくで、というのもいいですが、精神的に抵抗できなくして●す、という展開はより悲惨な感じがします。

まあ、細かいことを言えば、優等生なので、実力で大学の推薦はもらえていて喜んでいたら、土壇場になって、実は、追加の試験があってね、これを受けてもらわないとこの話は…というほうが説得力がありますかね。

ここからは趣味の問題だと思いますが、本作ではきっかけはいやいやでも、結局体では感じてしまうという、AVにありがちな展開なので、悲壮感が足りません。

もっと悲しそうに、苦しそうに、辛そうに、悔しそうに犯●れてくれたら私的には大満足だったのですが。

もちろん、最後の最後までしくしくと泣いていてほしいです。

お父さん、お母さん、ごめんなさい、と言わせる演出はなかなかですが、これも、優等生のふりをしていてごめんなさい、ではなくて、レ〇プされてしまってごめんなさい、とか、カメラに向かって、お父さん、私のセックスしている姿を見てください、私、つらいけど、頑張ってるからね、とか、泣きながら言うくらいのほうが絶望的でいいと思います。

続編があるなら、もっと暗くて悲しい物語も作ってください。

名作

某レンタルショップでレンタルしあまりにも個人的ヒットだったのでコチラで購入してしまいました。

話の流れ的には弱みを握られどんどん落ちていく女子高生ってやつなのですが、個人的に普段からこんなことされてます的な短い回想のシーンが大好きで(笑)そこが凄い抜けます(笑)同級生→担任の先生→校長の流れは最高でした。

古典的な女子◯生レ◯プ作品の味わいがgood

明るく、誰からも好かれる美しい女子◯生が、弱みにつけ込まれ、ずるずると性の奴●へ堕ちていくという、定番とも言える古典的女子◯生レ◯プ作品。

ストーリーは明快で、リアリティのある設定。

これと言った新しさや工夫はないが、このジャンルが好きな視聴者の欲望を満たせるように、押さえるところはきちんと押さえているし、とても楽しんで観る事が出来た。

こういうシンプルなエロさがあれば十分だと思う。

モザイクや画質の技術にお金をかける必要性は感じない。

本来、年端もいかぬ女子◯生をレ◯プするなんて背徳的な行為は、小手先の映像的テクニックに頼らなくても、シチュエーションだけでよっぽどエロい。

“若くて健康的な美しい女子◯生の弱みを握って、自分の想い通りに、めちゃくちゃに犯◯てみたい。

失意のどん底に堕として、身体だけでなく未来さえも奪ってやりたい”そんな願望を満たすためのストーリーと、そのシチュエーションを活かすカメラワーク、BGMがあれば、それだけでいい。

皆野あいの演技にも好感を持った。

弱みを握られた上での、望まないセックス。

やがて少女は、嫌悪する男たちの汚れた行為によって幾度もイカされていく。

拒絶する心とは裏腹に絶頂を迎える悲しい女の性を、自らの身体で味わう屈辱と絶望。

そんな状況を演じる皆野あいの、切なくて悲しげな声と、戸惑いさ迷う視線の移ろいがとても良かった。

その際、擬似で構わないから、目に流れ落ちる涙があったら満点だった。

こういう作品に定期的に出会えたら、と思う。

続編希望

とんでもなく可愛い声で悶えてくれます。

性処理になった後、教室で制服姿のまま囲まれてヤられまくってたり、ブルマ姿で咥えさせられてたりとたまらんシーンがダイジェスト扱いなのが残念。

このシーン以降で一本作ってくださいw

声が可愛い

サンプルや画像などを見てあまり顔が可愛くなかったので購入を躊躇っていましたが何かと高評価なので購入しましたが、大満足です。

今までAVは8割方女優の顔で抜けるか抜けないかが決まると思ってましたが、そんな自己観念をぶち壊してくれた女優さんだと思います。

と、言っても別にあいちゃんは別に不細工じゃないですけどね。

他の女優の顔面レベルが高すぎるだけで…何と言ってもとにかく身体がエロいです。

肌が綺麗で色も白い、おっぱいも決して大きくはありませんが良い形をしていますし乳首の大きさ形や色、乳輪の大きさ、お尻の形やボリューム、おへその形などが完璧に近いです。

更に追い討ちを掛けるようにとてつもなく可愛い声。

まるでエロアニメのヒロインみたいな喘ぎ声を校内に轟かせています。

Hの技術も素晴らしく、とんでもなくいやらしいジュポフ◯ラを披露したかと思えば盛大に潮を撒き散らし、最後にはお掃除フ◯ラまでしてくれる。

男が興奮する要素詰め込みすぎw個人的に最後の絡み以外は制服を着衣している点も高評価です。

一つくらい体操服のシーンがあっても良かったかなと思ったりしますが。

最後の絡みはリボンを着用しています。

JK要素を是が非でも残す辺りに製作陣のこだわりが見えて称賛できますね。

ただ1つ残念な点を挙げるとすればへそピの穴があったことです。

パーフェクトボディーに何故好き好んで傷を付けるのか…でも見ていて残念に思えたことがこれだけって凄いと思います。

あいちゃんの他の作品も見てみようかな♪

しつこく取引条件を言い続けるところがいい

こういう話の「設定」は、イントロだけに登場し、エロシーンに突入した後はどうでもよくなるんですが、本作品では、男優も皆野あいも、「推薦」「写真の消去」をしつこく取引条件として言い続けてます。

交渉(笑)は続いているのです。

設定を思い出させてくれて、キャストの心中を想像させてくれるセリフがあるのは、ポイント高いです。

「性処理と化した優等生 皆野あい」の本編動画はこちらから