AVの痴●じゃなくてドキュメント的な痴● – 限界ギリギリ電車痴●

限界ギリギリ電車痴●

「限界ギリギリ電車痴●」の本編動画はこちらから

物足りない

本当にリアルな痴●なら、ここまでって感じのとこまでしかしない。

その意味でリアルだけど、女優の猿芝居が全くリアルではない。

物足りないリアルな痴●行為+女優の下手なリアクション(私はAV女優だから尻くらい触られ慣れてるわと言った感じの雰囲気、仕草)というダブルパンチで物足りない。

新垣さくら?/****/星川麻紀/****/****/逢沢るる

確かにリアルな痴●ならこれが限界ギリギリだと思います(笑)。

(オッパイ剥き出すのは限界超えてる気はしますが)なので、オッパイ揉んで股間を弄ってスカートに発射。

挿入もお漏らしもありません。

(2人目と5人目の娘がチビって股間濡らしますが)3人目星川さんが、私Mです。

虐めてください顔でそそりますがJKには違和感あり。

5人目が可愛いい。

見覚え有るけど思い出せない(´;ω;`)

美乳の一部露出部分を除いては「リアルな痴●」

女優のルックス:秀2人 優2人 良2人女優の体型:秀3人 優2人 良1人女優の演技:秀2人 優1人 良1人 可1人 不可1人ルックス・体型は問題無し。

演技について。

別の作品(女子校生制服ぶっかけ痴●大全集8時間)のレビューでも書いたけど、普通の女子校生なら感じる程度の「嫌悪感」「恐怖感」を演じられているかどうか。

本作品では嫌悪感は演じられていても、恐怖感を演じられていないコが1人いた。

1人目だけ女子校生役ではない。

デニムスカート姿が珍しい。

ただ、女優の嫌がり方がいくら女子校生役ではないとは言え強過ぎて、「撃退できるだろうに」と思えるほどだった。

「撃退できないくらいの弱さ」は必須。

2人目。

黒髪で可愛い。

心細そうに前で手を前で組んで涙ぐんじゃってる。

怖くて縮こまる演技が最初から最後までしっかり。

この作品では6人目と並んで抜ける。

ただ、美乳を露にするのは(リアルな痴●という意味で)評価が分かれるかもしれない。

3人目。

黒髪で可愛い。

嫌悪感・恐怖感ともに良質。

あと一歩で秀逸になるのだが。

こちらも美乳が露出する。

汗だくのオッサンとの対比が良い。

4人目。

2人で挟み撃ちにするのは斬新だが、嫌悪感は薄いし、脚を動かし過ぎだし、笑顔に見える場面も。

恐怖感はほぼゼロ。

最も演技力の改善の必要あり。

そして射精は1人だけ。

なぜ?5人目。

ルックスは良いけど、嫌悪感が出て来るのが遅い。

射精後のスカートの映し込みが足りない。

なお特にこのパート、男性乗客が多過ぎて映像の見せ場が少ないという面でこの女優は被害者。

6人目。

匂いを嗅ぐ所から始まる痴●。

嫌悪感・恐怖感の高まり方が素晴らしい。

このコも2人目と並んで「怖くて縮こまる」演技がしっかり出来てる。

ネクタイと鞄の紐で美巨乳なのが分かる。

白いパンティに白いブラ。

美巨乳露出。

チンポ見た時の反応がリアル。

逢沢るるだという情報があるが、だとしたら少なくとも2年のキャリアがある。

それでここまで「初々しい女子校生」の演技ができるとは素晴らしい女優だ。

【総評】男性乗客エキストラが多過ぎて女優が隠れすぎているのは本作の問題。

改善して欲しい。

リアルな痴●を目指そうという姿勢と努力、女優の顔・体型レベルから、総合評価は星5つ。

誰かリクルートスーツ版リアル痴●作って頂けませんか。

ありそうでない。

AVの痴●じゃなくてドキュメント的な痴●

こういう作品はエロく見せようなんて思わなくていいしそんな演じ上げもいらない。

いかにリアルで強引かだけ。

演技されるとシラケるだけ。

「限界ギリギリ電車痴●」の本編動画はこちらから