【竹内瞳】とにかく惜しい。 – 夫の目の前で犯●れて― 部下に寝取られた愛妻2 竹内瞳

夫の目の前で犯●れて― 部下に寝取られた愛妻2 竹内瞳

「夫の目の前で犯●れて― 部下に寝取られた愛妻2 竹内瞳」の本編動画はこちらから

女優名: 竹内瞳

惜しい

エロい身体をしていて、特に形の良いお尻が魅力的ですね。

色気もあっていいんですが、演技がイマイチで盛り上がりに欠けるというか、全体的にフツーの作品になってる感じですね。

残念。

これはいい!

キャスティングも演技もいい。

監督のこだわりを端々に感じる完成度の高い作品でした。

なぎら監督ともさだおか監督とも違う、アタッカーズの中で新鮮な作風でした。

清楚で熟れた真面目な人妻が若い男に堕ちていく、非常にリアリティーのある秀作だと思います。

人妻の裏に潜む複雑な心理と行動がやけにいやらしかったです。

いいです

寝取られ目線で見たら名作です。

夫に見られた後の罪悪感と快楽の間の感じもいい感じでした。

最後に夫に捨てられた事を連想させるシーンも、すっきり感が増して個人的には満足でした。

でもおかずにはなりません。

ロマンポルノのハード版として楽しみたい作品です。

とにかく惜しい。

相手が犯罪者や謎の業者ではなく、主人公に思いを抱く夫の部下という身近なキャラのためか、堕ちっぷりは見事で、「気持ちいい」というセリフや積極的なベロチューや騎乗位での動きで表現されている。

ただそれなら定番の風呂場でのシーンは不可欠だったと思う。

また、最後のカラミで「あなた許して…」のように感じまくっておきながら、夫に見られいなくなった後の反応がイヤイヤばっかだったのは今更感があった。

神波多一花の「夫目」のように、夫が消えた後も、壊れたかのようにイキまくる方が良かった。

最後のシーンもあまり悲壮感が感じなかった。

竹内瞳は人妻(設定?)ということでデビューしたのなら、もう少し夫に対する感情的な表現ができたのではないだろうか。

もしくは部下の家に訪れる、部下と再会するところで終わらせたほうが、あの堕ちっぷりからして自然ではないだろうか。

「夫の目の前で犯●れて― 部下に寝取られた愛妻2 竹内瞳」の本編動画はこちらから