【安立ゆうこ】まあ こんなもんかな – 調教される母 安立ゆうこ

調教される母 安立ゆうこ

「調教される母 安立ゆうこ」の本編動画はこちらから

女優名: 安立ゆうこ

母ネトリものの良作

上品で優しい感じの母親が、媚薬調教によって、悪友の肉奴●に堕ちていく作品。

初めはためらいや抵抗を見せつつも、次第に快楽への欲望が理性に勝っていき、最後には息子の前でさえ、平気で悪友の体を求める牝へと堕ちていく母親の心理的変化が比較的丁寧に描かれていると思います。

鎖のついた首輪だけを身に着けて、息子のベッドで、言うがままに体をむさぼられ、ついには、裸エプロンで息子の目の前で、おねだりし、欲望のままにセックスに興じるまでに堕ちるさまは、作品冒頭の良き母親という姿とあまりにもギャップがあり、寝取られもののツボをしっかり押さえた作品だと思いました。

同シリーズのBRK04の作品などは、媚薬設定がゆえのアブノーマルな淫靡を通り越し、母がただの獣と化してしまい、見ていて苦しいなという感じですが、本作は安立さんの演技も自然で、かつ艶っぽさ、色っぽさがある淫靡さ漂うレベルにとどまっており、良作だと思います。

まあ こんなもんかな

このシリーズでこの作品を唯一購入したのは、サンプル画像で身体にペイントされているシーンがなかったから。

このシリーズの売りの一つはどうやら女体のペイントらしいが、 私には興ざめだ。

この種の作品はほとんど話が定式化されていて、その範囲内。

五十路の安立ゆうこは 合格。

五十路で このスタイルだからこそ 興奮させる。

最後の方で息子が縛られた状態で、最後までそのまま。

もう少し 息子の用い方として 何とかならなかったのか。

たんに 見ているのではなく、 もうすこし息子を積極的に用いて欲しかった。

「調教される母 安立ゆうこ」の本編動画はこちらから