【江波りゅう(RYU)】女優や内容など良かった – 夫には言えない羞恥の性癖 江波りゅう

夫には言えない羞恥の性癖 江波りゅう

「夫には言えない羞恥の性癖 江波りゅう」の本編動画はこちらから

女優名: 江波りゅう(RYU)

不自然ではあるが・・・

今回の性癖は匂いフェチとかではなく、ア○ル。

いきなりのファーストレ●プがア○ル姦であったり、その際「痛い」といいながらすんなり入ったり、掻き出したザーメンが汚れていなかったり(明らかに浣腸済み)と序盤が実に不自然極まりない。

但し、同時購入した夏目彩春の「夫の目の前で」に比べ、快楽に堕ちていく人妻の様子をうまく描いていること。

体位やカメラアングルを工夫し、モザイクの小ささと相まって、ア○ルものでは重要と思われる股間中心の映像がかなりよく撮れていること。

なにより主演の江波りゅうの肌の白さ、自然な演技とカラミのエロさが良く、AVしての実用性は十分に満たしていると思われる。

「大変良い」とは言えないが「良い」の評価は十分得られる作品だと思う。

カメラアングルいい

アナ◯責めですね。

とことん尻穴を責められる様子をカメラアングルよく、いやらしく捉えています。

犯●れていくりゅうさんのエロさがたまりませんね。

ア◯ルファンではありませんが楽しめました。

よかったです。

このシリーズの方向性が見えた!?

不倫の背徳感とアナル性交に目覚める背徳感が、二重に重なり、あなた、許して…等の他のシリーズとの差別化が見えたと思います。

過去のシリーズでは、匂いフェチという絵的に変態性が表現しにくい題材でしたが、今回のアナルという題材は背徳感をさらに一押しする役目を果たすことができたと思います。

次回作も作られるなら、アナル、緊縛、露出調教など、人妻が堕ちる姿が絵で表現できる題材を選んでもらいたいです。

りゅうの表情と義兄のセリフが秀逸!

最初から終わりまで、飛ばすことなく見れました。

ストーリーもシチュエーションがしっかり出来ていて、義兄とりゅうとの会話もしっかり出来ています。

りゅうの尻の穴は美しく、都合3回のア〇ルセックス(内1回は義父との3Pで義父が・・)中出しと1回のオマ〇コ中出しがちゃんと見られます。

りゅうのア〇ル物では、この作品が一番好きですね。

りゅうの表情がいいです。

ドラマ物にしては素直に入れた

ただドラマに興味が無いので、抜けるか抜けないか?女優のの犯●れ体質合ってるが、抜く為に見るか?と問われれば…

素晴らしい出来です。

1、Ryuさんと義理の兄、旦那のセリフが自然でドラマとしてなりたっています。

2、Ryuさんが、綺麗です。

顔も体もアXルも。

画面も綺麗に映しています。

撮影者の腕でしょうか。

3、こんな補正下着があるんだと変なところで感心しました。

4、Ryuさんの服装が良いですね~。

特にパジャマが似合っていました。

5、アXルバイブをずーーーと装着しているのが良いですね。

Ryuさんの女優魂を見る思いです。

6、ラブホテルで、アXルバイブを、Ryuさんが手を使わず力んで出すのには感心しました。

次回のためにお願い1、最後の場面が分かりずらかったです。

出来れば両頭のシリコンを入れて旦那を見送り、その後両頭のシリコンをはずしシャワーを浴びた後に、アXルバイブをいれて化粧をして服装を整え、口紅をぬっているときに、玄関でピンポン。

急いで笑顔で出迎えに行くところで終わりにして欲しかった。

2、爺さんとの3Pは不要。

せいぜい裸を見せて触らす程度でよいと思う。

作品の品が少し落ちます。

いろいろ書きましたが、最高の出来だと思います。

星10個あげたいです。

次回、楽しみに待っています。

ドラマとして見なければ・・・。

エロいしいんじゃないかな。

相変わらず義兄役の役者は、セリフがたどたどしいが。

ドラマじゃなくアナルものですね。

女優や内容など良かった

女優の体を含め、アナルSEXなど良かった感じた・双頭ウナギをもっと使ってほしかった。

中途半端だった。

・拡張が不足だった事と、もう少し抵抗と浣腸がほしかった。

ただ、内容的には満足できる作品だった。

「夫には言えない羞恥の性癖 江波りゅう」の本編動画はこちらから